ヤレる女を見つける!女がセフレになってもいいと思う瞬間

「これやってもいいのかな?」そんな自分だけじゃ決められない不安なことはありませんか?
自分一人じゃ不安だけど、周りがやっているから自分もやっていいんだなと、周りの判断基準を参考にすることもあるかもしれません。

これはセフレにもいえることです。一般的にセフレはあまり良い意味で考えられていない人も多いのではないでしょうか。そういう人が周りにいればセフレがいてもいいと思いますが、セフレを否定している人ばかりが周りにいれば「セフレは作っちゃいけないんだ」と思ってしまうかもしれません。

ただ、頭ではそう思っていても、気持ちは「セフレがいてもいいかも」「セフレが欲しい」と感じていればどうでしょうか?そういう人は周りにセフレがいてもいいという人がいれば、その考えを取り入れるようになるでしょう。なので、話をする中でセフレになってもいいと思われる話し方、話術があります。

1つ目は、セフレになってもいい理由を話すことです。セフレはダメだという人、いいという人それぞれの人たちといるだけで自分の考えが変わるように流されやすい人には、セフレになってもいい理由を話すことで、納得してもらえる可能性があります。

「セフレはこういう理由からなってもいいんだよ。だからセフレのメリットは・・・」と、人は理由を話されることで納得しやすいようです。そうすることで自分の正当性が持てること、そして自分のフラつきやすい気持ちの方向性に確信が持てることがあります。

これは説得やセールストークでも使われる方法で、人は理由を聞くと信頼性が高まるようです。2つ目は、相手の信念を変えるというものです。信念とは「これはこうだ」と思い込んでいるもので、人それぞれ色々な信念を持っています。

セフレにもいえることで「セフレを作ることは悪いことだ」という信念を持っている人もいれば「セフレを作るのは良いことだ」という信念を持っている人もいます。どちらが正しいというより、どちらもそれぞれ違った信念があるといえます。

これは周りの影響も大きく関係します。なので、自分がセフレは良いことだと相手に話していると、相手もだんだんと「セフレは良いものなんだな」という信念が出来ることがあります。ただ、これはすぐに出来るものじゃないことは分かります。

すでにセフレは良いものなんじゃないかな?と思っていても自信がない人にそういう話をすると「やっぱり良いものなんだ!」とすぐに強い信念が出来るかもしれません。逆に「セフレは絶対に作ってはいけない」と強い信念を持っている人にそういう話をしても、ケンカになるだけかもしれません。

程度や強弱は人それぞれ違うので確実なことはいえませんが、相手の信念を「セフレは良いものだ」というものにすることが出来れば、セフレにすることはそう難しいことではないでしょう。こうした話術は相手の気持ちが確固として強いものなら別ですが、周りに流されやすい人、セフレはいいと思うけど周りから受け入れられないと思っている人などの信念は変えやすい方法といえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ